医療法人社団 親樹会 恵泉クリニック

機能強化型在宅療養支援診療所

TEL:03-3326-5408/診療時間:00:00~00:00

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • HOME >
  • 烏山在宅医療連携塾

烏山在宅医療連携塾

【ご案内:医療者向け】『 第15回 烏山在宅医療連携塾 』開催のご案内

梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。

5月の開催に引き続き、8月21日(水)に『 第15回 烏山在宅医療連携塾 』を開催いたします。

参加対象は医療、介護福祉の関係機関の方々とさせていただきます。詳細、参加申し込みの方はこちらをご覧ください。 ⇒ 第15回連携塾申込用紙

なお、先着100名となります。定員になり次第お断りさせていただくことがあります。ご了承ください。

 

【開催】第14回烏山在宅医療連携塾『 なにを、どう、栄養する? 』を開催しました。

今回も朝からの大雨、強風に関わらず、多くの方にご出席いただきました。

栄養は地味な印象がありますが、皆さん、とても熱心に勉強されていました。高齢の方には栄養補助、サプリメントの活用等の重要性、腸を休ませすぎないこと、腸内環境を整えること、禁食にしないこと、点滴に頼りすぎないこと、等をお伝えしました。

次回は『 骨折、転倒予防教室 』(仮)に取り組みます。開催は8月を予定しています。

【ご案内】『 第14回烏山在宅医療連携塾 』のご案内

薫風さわやかな5月、新茶が待ち遠しい季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

3月の開催に引き続き、5月21日(火)に『 第14回 烏山在宅医療連携塾 』を開催いたします。

参加対象は 医療、介護福祉の関係機関の方々  とさせていただきます。

詳細、参加申し込みの方はこちらをご覧ください。 ⇒ 参加申し込み

【開催】第13回 烏山在宅医療連携塾『 人生会議 』 を開催しました。

第13回は  『 人生会議 』をテーマに行いました。おかげさまで今回も満席でした。

『 人生会議 』 とは、もしものとき、最終段階でのために、ご本人が望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことです。

今まで 「 ACP  アドバンスケアプランニング 」 として普及・啓発を進めていましたが、より馴染みやすい言葉となるよう厚生労働省では「人生会議」という愛称を決めました。

今回、太田院長は在宅医療に関わる多くの人々みんなで、『 知る 』(共通言語)、『 取り組む 』(協働)、『 話す 』(共有)することの大切さ、必要さを話しました。

また、前もって決めた意思は変わることもあります。かかりつけ医は医療・ケアの提供についても日々話し合いを重ね、患者様が意思が確認できなくなったとき、今までのACPをもとに意思を『 推測 』できることが望ましいと感じました。

 

 

 

 

 

日本医師会から出版したリーフレットには、

* なぜACPのような工夫が必要なのか?

* ACPの留意点は?

* ACPでは何を話し合えばよいのか?

などについて、わかりやすくまとまっています。

詳細は下記をご参照ください。

 

*日本医師会 リーフレット「終末期医療アドバンス・ケア・プランニング(ACP)から考える」

http://www.med.or.jp/nichiionline/article/006650.html

* 厚生労働省 自らが望む人生の最終段階における医療・ケア 施策紹介

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/saisyu_iryou/index.html

 

 

次回の開催は5月21日(火)です。詳細はページにてご案内致します。

 

ページの先頭へ戻る