医療法人社団 親樹会 恵泉クリニック

機能強化型在宅療養支援診療所

TEL:03-3326-5408/診療時間:00:00~00:00

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • HOME >
  • お知らせ

お知らせ

【外来】 9月1日(日)休日当番のお知らせ

世田谷区医師会の休日当番医として外来診療します(午前9時〜午後5時)。

《診療科》内科、総合診療科、脳神経内科、小児科、皮膚科、アレルギー科

なお、訪問診療に伺っている皆さんの体調不良等の往診はいつもどおり行います。

【ご案内:医療・介護福祉関係者向け】『 要介護者の緊急対応 』セミナーが開催されます《9月》。

医療・介護福祉関係者を対象に『 要介護者の緊急対応 』のセミナーが行われます。

ケアマネジャー、救急隊、地域病院の院長から地域での緊急時の対応についてお話され、後半には体験コーナーも設けられています。

ご質問やお問合せは、主催NPO法人地域の包括的な医療に関する研究会(へるす出版事務局内)までお願いします。( Tel 03-3384-8177 )

お申し込みはこちらへ ⇒ 地域包括ケアを担う医療・介護福祉関係者向けセミナー参加申込書


 

【ご案内:医療者向け】第3回在宅救急医学会学術集会が開催されます。

【対象】医療・介護・福祉系の方

詳細は、日本在宅救急医学会ホームページをご参照ください。⇒ http://zaitakukyukyu.com/

【ご案内:医療者向け】太田院長が『熱中症対策講演会』を行います。

太田祥一院長が 医療、介護福祉の関係機関の方々 を対象に講演を行います。

詳細、参加申し込みの方はこちらをご覧ください。 ⇒ 参加申込書

【お問い合わせ先】 (株)大塚製薬工場 東京営業所 担当:相澤

TEL:03-5217-5964(9:00~17:30) FAX:03-5217-5977

【ご案内:医療者向け】太田院長が講演を行います。

太田祥一院長が 医療、介護福祉の関係機関の方々 を対象に講演を行います。

【お申込み・お問い合わせ先】 第一三共株式会社 城南第一営業所 担当:酒匂(さかわ)

 

【お知らせ】「生活を支える看護師の会」が編集した書籍に内田事務長が執筆しました。

一般社団法人「生活を支える看護師の会」が編集に関わった下記の書籍に、内田玉實事務長が執筆しました。

生活を支える看護について、23のポイントを3つの観点で整理されています。

患者様・ご家族様の生活に寄り添う看護についてイラスト付きのわかりやすい書籍です。

詳細はこちらをご覧ください。 ⇒ https://bit.ly/2H1lGKf

 

 

 

 

 

【ご案内】太田院長が世田谷区主催の『 春のお彼岸シンポジウム 』で講演します。

世田谷区主催で行われているお彼岸シンポジウムは、春・秋と年2回主催されております。

今年の春は、3月21日(木・祝)に行われます。

太田院長は「 かかりつけ医とは?」「 在宅医療とは?」について、おうちで医療を受ける時に欠かせない訪問看護師さんや、病院への搬送に関わる救急救命士さん、あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)の担当者がお話しされます。

詳細、問い合わせ先は下記のポスターをご覧ください。

 

【ホームページ更新】「スタッフの紹介」をリニューアルしました。

ホームページを更新しました。

新たな仲間も加わり、「スタッフの紹介」も一新しました。

クリニックにはその他多くのスタッフがおります。

今後もスタッフ一丸となり、皆様のお力になれるよう努力してまいります。

よろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

平成最後のお正月でした。時代が変わってもお正月は変わらないのが良いのでしょうか。

紅白、大学ラグビー、駅伝、といろいろありましたが、今年は信頼 をモットーに飛躍したいと思います。

皆様、よろしくお願いいたします。

【ご案内:医療者向け】太田院長が都立松沢病院で講演します。

都立松沢病院内科では最強レクチャーシリーズと題して実力派講師を招聘する教育活動を主催しています。今回は太田 祥一院長によるショックのレクチャーを行うことになりました。

参加人数にもよりますが、ハンズオン形式のエコー実習も予定しております。

医療者であればどなたでもご参加いただけます。

題名:「最強レクチャーシリーズ ショックの鑑別診断と治療」

日時;2018年11月28日(水) 午後6時30分~

場所:都立松沢病院 2階 大会議室

アクセスはこちら ⇒ http://www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/access.html

会費:無料

参加申し込み:不要

参考文献: https://www.dtod.ne.jp/critical_care/article8.php

https://www.dtod.ne.jp/ohtablog/article10.php

その他: 電車の方は京王線八幡山駅より西門から救急入り口へお回りください。お車の方は正門からお入りいただき、駐車券を会場にお持ちいただくと300円に安くなるそうです。

1 / 212

ページの先頭へ戻る